トップ

クリニック受付には

クリニックの受付に資格は必要か

クリニックの受付に資格は必要か

クリニックの受付業務は、患者さんから診察券を受け取り、病状を聞くことから始まり、診療室への案内、会計業務(治療費を受け取り、次回の予約を尋ねる)など多岐にわたります。とても専門的なイメージが強いので医療事務などの資格が必要だと思われる方が多いと思います。しかし、実際のところは経験者がより採用されやすいということはありますが、特に資格が必要とはされない場合が多いのです。一般的な事務職とは異なりクリニックの受付は、患者さんに笑顔で親切に対応する能力、ホスピタリティ精神がとても大事になってくる仕事です。医療に関わりたいというやる気がある方は採用される可能性が十分あります。

クリニックの受付に必要な資格

クリニックで働くには、接客やレセプト作成、医療業界特有の習慣に精通していなければなりません。受付として働くには別段資格は必要ありません。独占業務ではないのです。民間資格では、診療報酬請求事務能力認定試験やメディカルクラーク検定など様々なものが数多くあって、雇用者側の医師も把握できないのではないかと思えるほどのものです。したがって、クリニックの受付として採用される際には、無いよりはいいのですが、上記のような他の技能を有しているか、常識があるか、勤務条件が合致しているかなどのごく一般的な項目の方が重要とされます。

↑PAGE TOP